地方独立行政法人の会計情報

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方独立行政法人の会計情報

公立大学法人や地方独立行政法人に適用される会計基準その他の情報です

独立監査人の監査報告書 強調事項区分 秋田大学

開示例

 過去の誤謬に関する注記のあった秋田大学ですが、会計監査人の監査報告書に強調事項区分が設けられ記載されています。

 監査人は、財務諸表に表示又は開示されている事項について、利用者が財務諸表を理解する基礎として重要であるため、当該事項を強調して利用者の注意を喚起する必要があると判断し、かつ当該事項について財務諸表の重要な虚偽表示がないという十分かつ適切な監査証拠を入手した場合、監査報告書に強調事項区分を設けなければならないとされています。

kaikeichihou.hatenablog.com

 

独立監査人の監査報告書(秋田大学)

強調事項

 過去の誤謬に関する注記に記載されているとおり、前事業年度において、寄附金の使途変更における適正な手続きを経ることなく寄附金収益へ振替えるという処理が行われ、その結果、寄附金収益722,437千円が過大に計上されていたため、当事業年度において同額を臨時損失ー過年度損益修正損として計上し、寄附金債務を修正している。

 当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。

ちなみに、サインされている先生のうち2名が前年と交代してiいます。

<