地方独立行政法人の会計情報

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方独立行政法人の会計情報

公立大学法人や地方独立行政法人に適用される会計基準その他の情報です

会計監査人募集情報 北海道公立大学法人札幌医科大学

会計監査人募集情報

北海道公立大学法人札幌医科大学の会計監査人を募集中です。

札幌医科大学のH28年度会計監査人の募集 | 総務部法務・法人局大学法人室

28年度から30年度の監査が前提で現任は新日本有限責任監査法人です。
監査報酬(付随する費用を含む)の総額が1,074万1千円を超えない範囲となっています。

提案書等の提出期限
平成28年5月25日

 

ところでこの大学の26年度の財務諸表を見ていて疑問に思ったのですが、行政サービス実施コスト計算書の「損益外除売却差額相当額」の金額は合っているのでしょうか。

f:id:kaikeichihou:20160501181849j:plain

行政サービス実施コスト計算書の「損益外除売却差額相当額」の金額は63,613千円となっています。固定資産等の明細を見ると除却した特定償却資産は取得価額63,613千円の建物のようです。

f:id:kaikeichihou:20160501181903j:plain

資本金及び資本剰余金の明細を見ると「損益外除売却差額相当額」の当期減少額は行政サービス実施コスト計算書と同じ63,613千円になっています。ここだけ見ると合っているようにも思えます。

f:id:kaikeichihou:20160501181920j:plain

しかし、同明細の「損益外減価償却累計額」の除却に伴う当期減少額が24,391千円あります。つまり、この建物については行政サービス実施コスト計算書において、過去に「損益外減価償却累計額」として24,391千円分が既に計上されていることになります。

ということは、26年度の行政サービス実施コスト計算書の「損益外除売却差額相当額」として記載すべき金額は63,613千円から24,391千円を控除した39,221千円ということになるのではないでしょうか。(参考:地独会計基準Q&A80-2)

 

<