地方独立行政法人の会計情報

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方独立行政法人の会計情報

公立大学法人や地方独立行政法人に適用される会計基準その他の情報です

会計監査人募集情報 国立大学法人福井大学

会計監査人募集情報

会計監査人募集情報 国立大学法人福井大学で会計監査人を募集中です。

 国立大学法人福井大学における会計監査人候補者の公募について

 28年度から30年度までの監査が前提です。
現任は有限責任あずさ監査法人で契約金額は不明ですが、平成25年度の新日本有限責任監査法人との契約金額は7,701,750円だったようです。

 

こちらの大学では国立大学法人等業務実施コスト計算書が監事監査の対象から漏れているようです。事務局の方でもう少しチェックしてあげてください。

平成26事業年度監査報告書

  私ども監事は、国立大学法人法第11条第4項及び国立大学法人法第35条において準用する独立行政法人通則法第38条第2項に基づき、国立大学法人福井大学の平成26年4月1日から平成27年3月31日までの平成26事業年度の業務、事業報告書、財務諸表(貸借対照表、損益計算書、利益の処分に関する書類、キャッシュフロー計算書、及びこれらの附属明細書)及び決算報告書について監査を実施し、協議のうえ、その方法及び結果をとりまとめましたので、以下のとおり報告いたします。

 

 準用通則法(読替版)
(財務諸表等)
 第三十八条  国立大学法人は、毎事業年度、貸借対照表、損益計算書、利益の処分又は損失の処理に関する書類その他文部科学省令で定める書類及びこれらの附属明細書(以下「財務諸表」という。)を作成し、当該事業年度の終了後3月以内に文部科学大臣に提出し、その承認を受けなければならない。
 2  国立大学法人は、前項の規定により財務諸表を文部科学大臣に提出するときは、これに当該事業年度の事業報告書及び予算の区分に従い作成した決算報告書を添え、並びに財務諸表及び決算報告書に関する監事及び会計監査人の意見を付けなければならない。

 

 国立大学法人法施行規則
(財務諸表)
 第十五条  準用通則法第三十八条第一項 に規定する文部科学省令で定める書類は、キャッシュ・フロー計算書及び国立大学法人等業務実施コスト計算書並びに連結貸借対照表連結損益計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結剰余金計算書、連結国立大学法人等業務実施コスト計算書及び連結附属明細書とする。

 

提案書等の提出期限
平成28年2月26日

<