地方独立行政法人の会計情報

地方独立行政法人の会計情報

公立大学法人や地方独立行政法人に適用される会計基準その他の情報です

会計監査人募集情報 国立大学鳴門教育大学

会計監査人募集情報

国立大学鳴門教育大学で会計監査人を募集中です。

国立大学法人鳴門教育大学の会計監査人候補者の選定について | 鳴門教育大学

 

28年度から29年度までの監査が前提です。
現任は有限責任あずさ監査法人です。

平成24年度、25年度対象の公募ではあずさ、新日本、トーマツの順位でした。
平成26年度、27年度対象の公募ではあずさ、新日本の順位でした。
トーマツが応募しなければ、あずさ監査法人のみということも考えられますね。
ここは頑張って中小の監査法人も参加するべきだと思います。補助者が足りないときは是非ご連絡ください。

 

監査報酬の推移は下記の通りです。途中で公募が行われていますが、この期間はずっとあずさ監査法人が会計監査人です。
平成23年度 5,197,500円(税抜4,950,000円)
平成24年度 情報なし  (税抜 情報なし  )公募
平成25年度 4,956,000円(税抜4,720,000円)
平成26年度 4,492,800円(税抜4,160,000円)公募
平成27年度 4,492,800円(税抜4,160,000円)

 

監査報酬は残念ながら下がってきています。監査が効率的に実施できているということかも知れませんが、結構な下落率なので気になります。

監査人を選定する際は、監査報酬が大きなポイントになることは間違いないと思いますが、監査法人も慈善事業ではありません。金額を下げて見積を出そうと思えば、スタッフの構成や監査日数をそれなりのものにするしかありません。大学側もそれで良いと考えているわけではないと思いますが、公募なので契約をとろうと思うとこのような結果になってしまうのだと思います。

 

ちなみに、東芝では監査法人のリストラがあり、経験のあるスタッフが監査チームから抜けたことも不正を見抜けなかった要因ではないかという見方もあるようです。そうならないように願いたいものです。


提案等の提出期限
平成28年2月22日

 

<