地方独立行政法人の会計情報

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方独立行政法人の会計情報

公立大学法人や地方独立行政法人に適用される会計基準その他の情報です

大阪大学でまたまた研究不正があったようです

NHKで「大阪大学大学院教授が1億5000万円余の不正経理か」との報道がありました

NHK NEWS WEBによりますと、大阪大学大学院情報科学研究科の50代の男性教授が10年以上前から「預け金」などで不正経理があり、一部は不正利用もあっとのことです。大学の調査委員会の調査でわかったそうです。

 

大阪大学といえば、6月にも国際公共政策研究科の教授が900万円の研究不正という報道がありました。また、下記のエントリーで記載のように26年度の評価結果にも研究不正があった旨記載されています。 

kaikeichihou.hatenablog.com

 

大阪大学国立大学法人のなかでもいろんな意味で上位グループに属する大学です。優秀な卒業生を排出し、優秀な学生が在籍し、優秀な子供たちが目指しています。その大学の教授が研究不正でしかも私的流用もあったってどうなってるんでしょう?こう度々起こるということは大学のガバナンスや風土に何か問題があると思われても仕方がないと思います。こういう不正があると同じ研究機関で真面目に研究している他の研究者や学生が気の毒でなりません。

 

研究者のみなさん襟を正してください!不正はあなたたちだけの問題ではないのです。あなたたちの不正で同じ研究機関に関係するすべての人の評判も落としてしまうのです。もっと高い倫理観を持ってください!

 

 

 

<