地方独立行政法人の会計情報

地方独立行政法人の会計情報

公立大学法人や地方独立行政法人に適用される会計基準その他の情報です

独立行政法人で不適切会計

農林水産省が所管する10の独立行政法人で不適切会計があったそうです。

毎日新聞によりますと、会計検査院が、「業者に現金を預けたり、前払いしたりするような会計処理によって12億円を不適正と指摘」したそうです。また、「昨年11月にも、うち2法人の約2億円分について同様の指摘をしており、不適切会計の総額は約14億円」とのことです。

 

預け金って役所関係でよく発覚する典型的な不正ですね。予算の年度内消化との関係で使われます。

 

しかし、今回は悪質です。同じく毎日新聞によりますと「業者や販売代理店からの請求があったように装って現金を振り込み、業者側にプールした金で研究とは関係ない物品を購入していた」(毎日新聞)そうです。

 

複数名での検品作業を行うことなどで防止を図ることが多いのですが、専門性の高い備品等では経理担当が検品してもわからない可能性があります。また、組織的に不正を行っている場合は防ぎようがありません。

 

ひどいのは、「この問題を巡り、検査院は昨年11月、農研機構と生物研の不適正な会計処理を指摘。農研機構など7独法は昨年12月、04~13年度に計約10億800万円の不適正な会計処理があったと発表。研究員522人が関与し、うち6人は退職後も前払い金で約180万円分の買い物をしていたと明らかにしていた」(毎日新聞)ということです。

 

昨年11月に指定されていたのに改善していない点、研究員522人と多くの人間が関与している点、退職後も買い物をしていたという点で組織的であると思いますし、悪質だと思います。

 

本当に気分が悪くなる記事です。税金を払う気がなくなりますね。

 

指摘を受けた独立行政法人は下記の通りです。(毎日新聞

農業・食品産業技術総合研究機構つくば市
農業生物資源研究所つくば市
森林総合研究所つくば市
国際農林水産業研究センター(同)
農業環境技術研究所(同)
●種苗管理センター(同)
家畜改良センター福島県西郷村
水産総合研究センター横浜市
農林水産消費安全技術センターさいたま市
水産大学校山口県下関市

 

ちなみに、「約12億円の大半は農研機構と生物研に対する指摘だった」(毎日新聞)そうですが、指摘の対象となった18年度から25年度の会計監査人は下記の通りです。しかし、年度ごとの金額は少額なので、監査法人に責任は無いと思いますので念のため。 また、これを見る限り、どこかの上場企業のように、監査法人がずっと同じで馴れ合いがあったということも無さそうです。

年度農研機構生物研
18年度 あずさ トーマツ
19年度 あずさ トーマツ
20年度 あずさ トーマツ
21年度 あずさ トーマツ
22年度 新日本 トーマツ
23年度 新日本 優成
24年度 新日本 優成
25年度 トーマツ 優成
<